犬の熱中症対策とは?

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

犬の熱中症対策とは?

読了までの目安時間:約 4分

犬は暑いのが苦手

日本で生まれ育った柴犬は日本の夏の暑さにも耐えられますが、海外が原産の洋犬は日本の高温多湿の暑さが苦手。

時には熱中症になってしまう場合もあります。

熱中症を避けるために飼い主ができることを知っておくだけで、かなり発症を防ぐことができます。

犬は汗をかかない

牛、豚、鳥など多くの動物は汗をかきません。

犬も汗をかかないのです。

では、どうやって体の熱を冷ますのでしょうか?

犬は口からハアハアと呼吸をすることで唾液を蒸発させ体の熱を下げます。

これをパンチング呼吸と言います。

毛で覆われた体表からはあまり熱を逃がせません。

特に熱中症になりやすい犬種はパグやブルドッグ

中でもパグ、ブルドッグ、フレンチブルドッグは短吻種(たんふんしゅ)と言って鼻が短い犬種は、特に熱の発散が苦手で熱中症になりやすい犬種です。

鼻の短い犬種を飼っている飼い主さんは特に熱中症に注意するようにしましょう。

もちろん短吻種だけでなく、すべての犬種に熱中症対策は必要です。

室内犬の場合はエアコンと温度計を使おう

人間は室内にいる場合はほとんど熱中症になるとこはありませんが、暑さに弱い犬は室内でも熱中症になることは珍しくありません。

暑さに弱い犬の場合は25度を超えると危険信号で、暑さに割と強い犬種でも30度を越えたら危険信号です。

人間の体感温度は非常にあいまいです。

人間が平気でも犬は耐えられないようなこともあります。

まず、室内に温度計を設置しましょう。

設置する場所は犬の背の高さに設置します。

人間で言うとひざ下ぐらいの高さです。

これは部屋の上部と足元では室温が5度も違うことがあるためです。

エアコンを使いましょう

温度計を設置して30度を超える場合は、エアコンを使って部屋の温度と湿度を下げましょう。

湿度を下げることで犬は呼吸による熱の放出がしやすくなります。

扇風機は犬の場合、毛がありますので人間ほど涼しくなりません。

どうしてもエアコンが苦手な方はペットショップにペット用の冷却シートがありますから、それを使いましょう。

屋外犬の場合

屋外犬の場合、犬小屋や行動範囲内に必ず日影ができるようにしてあげましょう。

特に日中の日が高い時間帯は日影がないと大変危険です。

風通しもできるだけ良くしてあげましょう。

もし、状況によって日影が作れない場合や高齢の犬の場合は日中の暑い時間帯だけでも玄関に入れてあげるなどの熱中症対策を行ってください。

トリミングも有効な対策

夏場エアコンをかけっぱなしにしているのも電気代がかなりかかってしまいます。

そんな時はトリミングするのも有効な熱中症対策です。

もちろん飼い主が毛を刈ろうとすると、犬の皮膚を傷つけてしまうこともありますから、トリマーに相談して刈ってもらいましょう。

 

タグ :  

犬の健康について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る