犬の成長にあわせてドッグフードを変える

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

犬の成長にあわせてドッグフードを変える

読了までの目安時間:約 4分

犬も人間も同じように年をとっていきます。

人間にも幼年期、少年期、青年期、老年期と言った大まかな世代わけがあるように犬にも成長の段階があります。

一般的に大きく7段階に分けて考えられます。

哺乳期

生後0~30日。

母犬から母乳をもらう時期です。

離乳期

生後20~60日。

離乳食と母乳か代用ミルクを混ぜながら与える時期です。

食餌は3~4回に分けて少量ずつ与えます。

成長期

生後50~1年(大型犬は1年半)。

犬が一番成長する時期でこの期間で大人と同じサイズにまで成長します。

成長期にはカロリー的にも成犬の2倍必要となります。

成犬に比べ消化器官が未発達ですから、食餌の回数も最初は多く、そして徐々に減らしていきます。

生後 一日の食餌の回数
2~3か月 4~5回
4~5か月 3~4回
6~7か月 2~3回
8か月 2回

成犬期

1歳~6歳が成犬期です。

食餌に関して言えばこの期間は一定量で問題ない時期です。

食餌の回数は一日に1度だと消化に負担がかかってしまうため、1日2回に分けた方が良いとされています。

ごはんの時間は朝夕の散歩の後が良いです。

なぜなら食後すぐに激しい運動をすると消化に負担をかけてしまうことになります。

高齢期

7歳以上が高齢期です。

一般的に小型犬の方が寿命が長く、大型犬の方が短いとされているので、小型犬は8歳、中型犬は7歳、大型犬は6歳ごろから老化が始まると言われています。

成犬よりも必要なカロリーが20%低下しますので、シニア向けのドッグフードに徐々に切り替えたり、手作りごはんの場合はより消化しやすいよう、細かく刻んだり、柔らかくしたりしてあげましょう。

老齢期

小型犬 12歳

中型犬 11歳

大型犬 10歳

以上が老齢期に当たります。

老齢期になると噛む力が弱くなるので、ドライフードの場合は水でふやかしてあげると食べやすくなります。

妊娠・授乳期

犬の妊娠期間は約9週間です。

妊娠した犬はエネルギーをより多く必要とします。

妊娠5週目ごろから少しずつごはんの量を増やします。

8週目は60%増しになるように調整します。

出産後は授乳がありますのでやはり、通常より多い量の食餌が必要になります。

生後30日には哺乳期間が終わりますので、以降は通常の食餌に戻しましょう。

ドッグフードによる年齢の分け方

メーカーによっても年齢の分け方は様々ですが、大きく3つに分けられています。

  • 幼犬 ~1歳
  • 成犬 1歳~6歳
  • 老犬 7歳~

犬種により違いはありますがだいたいこの年齢が目安になります。

犬も人間と同じように年齢によって、必要な栄養素、カロリーが変わってきます。

特に幼犬期は急激に成長します。

たった1年(大型犬は1年半)で成犬になるのですから、ものすごい速さの成長です。

大型犬の場合は老化が早いので、早めに老犬用フードに切り替えてあげると良いかもしれません。

 

タグ : 

犬の健康について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る