犬のアレルギーの原因を知っておこう

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

犬のアレルギーの原因を知っておこう

読了までの目安時間:約 5分

犬のアレルギーは飼い主の努力で防げることが多い

人間の場合、花粉症などのアレルギーでお悩みの方が多いと思いますが、犬のアレルギーも増えてきています。

犬のアレルギーは飼い主の努力で取り除くことができる場合も多いのです。

アレルギーの原因を知ってできるだけ発症を予防してあげましょう。

アレルギーとは?

まずアレルギーとは何か知っておきましょう。

アレルギーとは何らかのトラブルによって、体の免疫システムが過剰に反応してしまい、自分の体に攻撃をしてしまっている状態

の事です。

そしてアレルギーを起こす原因の事をアレルゲンと言います。

症状としては皮膚、消化器、呼吸器に炎症を起こします。

犬の場合はアレルギー性皮膚炎が最も多い症例です。

アレルギーは足し算のように積みあがっていく

アレルギーになる原因はコップに水がたまるように体に蓄積され、コップから水があふれたら症状として発症します。

犬が頻繁にかゆみを気にしだしたらアレルギー性皮膚炎の可能性があります。

犬がアレルギーになる原因は大きく分けて3つあります。

  1. 飼育環境
  2. 遺伝
  3. 食事

です。

2の遺伝以外は飼い主の知識と努力で発症のリスクを軽減することができます。

また発症してしまっても早期に発見し飼育環境や食事を変えることで解決するケースも多いです。

1.飼育環境でアレルギーになる可能性のあるもの

室内飼いでアレルギーになる原因はダニアレルギーが多いことが分かっています。

飼育環境が室内の場合は、マメな掃除を心がけましょう。

敷物などの素材が原因であることもありますが、まず清潔である事が大切

犬がいつもいる場所の敷物やごはんを食べる器が不潔でないかどうか、気を付けましょう。

古くなった場合は新しいものに変えてあげましょう。

タバコもアレルギーの原因になりますので室内では吸わない方が良いでしょう。

2.遺伝によってアレルギーに弱い犬種がいる

純血種の場合、人間の都合で狭い中で交配をされていることがあり、皮膚が弱いだけでなく精神的に弱かったり、先天的な疾患を抱えている犬も少なくありません。

特に原産国が日本でない犬種は日本の高温多湿の気候になれていなく、皮膚炎にかかりやすい子も多いです。

夏場は毛を短くトリミングしてあげると涼しくなります。

コッカースパニエルなどのたれ耳の犬種は外耳炎になりやすく、パグなどの鼻がつぶれていて皮膚にしわが多い犬種は皮膚炎になりやすいです。

3.食餌性アレルギー

ドッグフードを食べることでアレルギーになる犬が多いです。

ドッグフードが原因である事を考えると、大豆やトウモロコシなど特定の食材が原因になっていると考えがちですが、はたしてそうでしょうか?

おそらく原因は防腐剤、着色料、残留農薬、酸化防止剤などの化学物質が引き起こしていると思われます。

アニマル・ワンの創業者内田さんはご自身が飼っていたミニチュアダックスフンドが皮膚病に悩まされていて、手作り食に変えた所、1か月もしない内に皮膚病が完治してしまったそうです。

犬は体が小さく、人間よりも体の入れ替わりが早いので、食べ物の影響が良くも悪くも素早く現れます。

しばらく手作りごはんか無着色・無添加のドッグフードに変えてみるとアレルギーがあっという間に改善するかもしれません。

 

タグ :  

犬の健康について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る