犬が食べてはいけない食べ物とは?

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

犬が食べてはいけない食べ物とは?

読了までの目安時間:約 4分

犬が食べてはいけない食べ物とは?

自然界から人間界へ歩み寄ってくれた犬たち。

できるだけ理想的な食事をさせてあげたいですよね。

犬は自分で食べる物を選べないですから、飼い主が与える食事が全てです。

飼い主は正しい知識を身に付け、犬にとって望ましい食餌を与えたいものです。

しかしまずは犬が食べてはいけない物を見てみましょう。

犬が食べてはいけない物

理想的な食餌を考えることも大切ですが、まずは犬が絶対に食べてはいけない物を考えて行きましょう。

◆長ねぎ、玉ねぎ、ニラ、ニンニクのネギ類

これらのネギ類には「アリルプロピルジスルフィド」と言う成分が含まれていて、犬がこれらのネギ類を食べると、この成分が犬の赤血球を破壊してしまいます。

血尿などが出た場合はこれらのネギ類を食べてしまった可能性があります。

食べそうになっているのに気付いた場合は、多少強引にでも口から取り出すようにしてください。

ネギを直接与えなくても、ネギ類と一緒に調理した料理は与えないでください。

例えばすき焼きなどの鍋にネギが入っていて、その鍋のネギ以外の食べ物も与えてはいけません。

ネギは犬が食べてはいけない物の代表です。

◆チョコレート

チョコレートも犬が食べてはいけない物の一つです。

チョコレートにも犬にとって有害な成分が含まれています。

人間にとって美味しいものでも、犬にとっては毒になりますので注意しましょう。

 ◆キシリトールの入ったもの

人間が食べるガムに入っていて虫歯を予防すると言われています。

しかし犬にとっては肝臓にダメージを与えてしまうので気を付けましょう。

犬用のおやつに入っていることもあるので注意してください。

◆水を吸って大きくなるもの(干し杏、レーズン)

犬が食べてはいけない物でも意外なのがドライフルーツです。

干したフルーツは胃の中で膨れてしまって、胃をパンパンにしてしまいます。

特にレーズンは腎臓へのダメージがあると言われていますので、あげないようにしまょう。

◆コーヒー・紅茶

食べてはいけない物というより飲んではいけない物です。

あまり与えないとは思いますが、カフェインは犬にとっては刺激が強すぎて、発作の原因にもなります。

◆牛乳

牛乳を上手く消化できない犬が多いので与えない方が良いでしょう。

下痢にならない場合は与えても構いませんが積極的に与える必要はありません。

他にもある犬が食べてはいけない物

◆タコ・イカ

タコとイカは消化が悪く下痢の原因になります。

◆アボカド

最近ではアボカドも与えない方が良いとされています。

◆人間が食べるように加工されたもの

人用に加工された食品は基本的に犬は食べてはいけないです。

人間が食べるように加工された食品には上記の食品(ネギ類など)が含まれている可能性があります。

コンソメなどの調味料にも玉ねぎが使われていますので注意しまょう。

そして、犬は塩分をあまり必要としないので、人間向けに加工された食品では塩分が多すぎて、心臓に負担をかけてしまいます。

人間用のお菓子やジュースなども犬にとっては塩分や糖分が多すぎて消化器に負担を与えてしまいますので避けてください。

◆香辛料

からし、わさび、こしょう、とうがらしといった香辛料も犬にとっては刺激が強すぎて、下痢の原因になりますので犬が食べてはいけません。

 

犬の健康について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る