犬が吐くときはどんな時?

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

犬が吐くときはどんな時?

読了までの目安時間:約 4分

犬は良く吐いたり、たまに下痢になったりします。

たまにであれば問題はありませんが、頻繁に起こったり、具合が悪そうだったりする場合は、一度動物病院で診てもらいましょう。

「明日には治るだろう、もう少し様子を見よう」

と引き伸ばしてしまって、症状が悪化してしまうことも多いです。

特にが混じっていた場合は注意が必要です。

犬が吐くときはどんな時?

犬は元々吐きやすい動物なので、吐いてしまってもそれほど心配ありません。

たまに自分が吐いたものを食べることもありますが、これは犬の習性として自然なことです。

「もったいない、食べよう」と思うみたいです。

吐いてしまう主な原因は、

  • たまたま吐いた
  • 食べすぎ
  • 空腹で胃液を吐いてしまった
  • 腐ったものを食べてしまった

などが考えられます。

このくらいでしたらそこまで心配することはないと思います。

しかし、具合が悪そうにしていたり、頻繁に吐いてしまったり、食欲がなくなってしまった場合は獣医さんに相談してください。

  • 胃に異物がある
  • 胃に炎症がある
  • 内臓疾患の可能性がある
  • 病気にかかっている可能性がある

などが考えられます。

草を食べても大丈夫?

犬はたまに草を食べます。

これは胸やけを解消したり、胃にたまってしまった毛や皮を吐くために、わざと消化の悪い草を食べて吐き出すために食べるのです。

草を食べるのは犬の習性ですので、問題はありません。

ただ、除草剤などがまかれている場合があるので注意が必要です。

子供が遊ぶような公園などは除草剤を使うことはないと思いますが、家の前などで個人的に使う方もいるかもしれません。

気になった場合は食べさせない方が無難です。

下痢の時は?

犬の便の硬さは、通常時はコロンとして崩れないほどの硬さです。

持ち上げた時少し地面に残るのは軟便。

それよりも柔らかく泥状~液状が下痢になります。

下痢は冷たい水を飲んだり、胃腸が弱っている場合に起こります。

そんな時は一食抜いたり、食事の量を減らしたりして様子を見てみましょう。

しばらくたっても下痢が止まらない場合は、

  • 細菌やウイルスの感染
  • 寄生虫
  • 異物の誤食

などが考えられます。

便に血が混ざっている場合も、内臓に問題を抱えている可能性があります。

こんな時はすぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

便秘の時は?

便秘が長く続いてしまった場合、大腸に便がくっついてしまい、犬の力では排泄できなくなってしまう場合があります。

あまり長く続く場合は、やはり動物病院で診てもらいましょう。

便秘が頻繁に起こるようであれば、食事を変えると良いでしょう。

下痢が続いた後は、腸が空っぽになっているので2日ぐらいは便が出ないこともあります。

 

タグ :  

犬の健康について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る