室内犬の誤食の危険について

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

室内犬の誤食の危険について

読了までの目安時間:約 5分

室内犬には誤食の危険が沢山

最近は室内で犬を飼う方も増えてきています。

室内で飼うことにより、病気やけがのリスクは減りましたが、室内だからこそ起きてしまう事故も増えてきました。

その中の1つが誤食です。

(誤食ごしょく・・・食べてはいけない物を誤って食べてしまうこと)

簡単な注意で大きな事故を未然に防ぐことができますから、一通りチェックしてみましょう。

ネギ、チョコレートなど

ネギやチョコレートなどは犬に与えてはいけない物として有名ですのでご存知の方も多いと思います。

ただし、私たちが日常良く食べる食品でもあるので、家に置いてあることも多いです。
出しっぱなしにしてあるのを見つけたら、誤食の危険性があります。

しっかりと戸棚や冷蔵庫に入れて管理しましょう。

お菓子(人間用に加工されたもの)

例えばポテトチップスなど、人用に加工されたものは味付けが大変濃く、犬にとっては塩分が強すぎる場合があります。
玉ねぎなど犬にとっては害になる成分も入っている場合があります。

他にも最近はキシリトールも与えない方が良いとされていますので、ガムも注意しましょう。

犬の誤食の危険性があるものは、手が届かないようにしっかりと管理しましょう。

生ごみ入れ

意外と多いのが生ごみ入れを倒して誤食してしまう事です。

犬は一匹で留守番しているときなど、寂しくなって遊びだします。

そんな時、美味しそうな匂いがする生ごみ入れを見つけ、どうにかして倒してしまい、中の食べ物を食べてしまうことがあります。

・キッチンへ入れないようにゲートを設ける

・倒されてもふたが外れないタイプのごみ入れを用意する

など誤食対策をしましょう。

犬が薬を誤食してしまうのは大変危険です。

私たちが常用している風邪薬や処方された薬は人が飲んでも大丈夫なように作られています。

ただし人よりも体重が何分の一の犬にとっては少しの量の薬でも、とても強い劇薬になってしまいます

「飲むのを忘れないように」とテーブルに出しておいたりすると、気になって食べてしまうこともあります。

手の届かない戸棚や引出しに入れてしっかり管理しましょう。

ゴキブリ捕りやネズミ捕りの餌

特に餌に毒が入っているものには注意が必要です。
誤食してしまうと大変危険です。

餌に毒がなく粘着シートタイプの物も危険で、くっついてしまうと剥がせなくなってしまいます。

ゲードを設置して犬が入れない場所を作り、そこに置くと良いかと思います。

例えばキッチンの入り口にゲートを設置すると良いと思います。

ネジ、クリップ、ボタンなどの小物

犬はこういったものもひょいっと食べてしまうこともあります。

口に入るサイズの物は何でも食べてしまうと思っていた方が良いかもしれません。

特にネジを誤食してしまうと胃を傷つけてしまいますのでしっかり管理するようにしましょう。

タバコの吸い殻や灰

テーブルに灰皿を出しっぱなしにしておくのも危険です。

顔を覗かせペロッとなめたり、吸い殻を食べてしまったりします。

吸い殻入れも簡単に開けられない物などにして誤食の危険を避けましょう。

観葉植物

観葉植物を置いている方も多いかとおもいますが、毒性をもった植物もあり、誤食してお腹を壊してしまうケースもあります。

中でもスズランは猛毒で致死的な毒を持っています。

誤食してしまうと大変危険です。

他にも球根がある植物は全般的に毒を持っています。

観葉植物を家に置く場合は手の届かない所に置くようにしましょう。

トイレ用、カビ取りなどの強力な洗剤

人間が口にしたら危険なものは当然犬にとっても危険です。

誤食してしまわないように絶対に手の届かない所に置くようにしましょう。

捨てる前の空き容器も注意が必要。

しっかり洗い、ふたの開かないゴミ箱に入れるなどしましょう。

 

タグ : 

犬の健康について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る