無添加・国産の安心安全なドッグフードの選び方

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

柴犬の性格は従順で忠実、主人思いの忠犬

読了までの目安時間:約 4分

柴犬

■縄文時代から日本人とともに生活してきた柴犬

いまや世界的な人気があり名前もそのまま「シバイヌ」と呼ばれています

現在ではイギリスやヨーロッパ諸国でも人気があり「シバイヌ」の名称で愛されています。

日本での歴史は古く縄文時代の遺跡から骨が発見されています。

    • 体高 40cm
    • 体重 9~14kg
    • 価格 8万~20万
    • 原産国 日本

■性格 ■耐寒性・運動量 ■飼いやすさの目安 ■かかりやすい病気
  • 主人思いの忠犬
  • 警戒心が強い
  • 耐寒性 得意
  • 運動量 30分×2
  • 状況判断力 3
  • 社会性・協調性 3
  • 健康管理のしやすさ 5
  • 初心者向き 4
  • 友好的 2
  • 訓練好き 3
  • 皮膚疾患

 日本を代表する柴犬との関わりは縄文時代から

ここ数年は小型犬を室内で飼うことが多くなったため、ミニチュアダックスやトイプードルがとても人気があります。

小型犬人気は今のところ年々増加傾向にあります。

今から30年ほど前には大型犬ブームが起き、ゴールデンレトリバー、シベリアンハスキー、ラブラドールレトリバーなどが流行りました。

それよりも前は柴犬を番犬として庭先で飼うスタイルが一般的でした。

ではいつから私たち日本人は柴犬と生活してきたのでしょうか?

日本人と柴犬の歴史はとても古く、なんと縄文時代までさかのぼります。

愛媛の上黒岩遺跡で柴犬に似た犬種の骨が見つかっています。

当時の柴犬は猟犬として狩りの手伝いをしていました。

歴史的にも貴重な犬種として1937年に国の天然記念物に指定されています。

日本の環境に最も適した犬種

柴犬は縄文時代から日本で生きてきましたから、日本の四季の変化にも大変強い犬種です。

夏の高温多湿にも冬の厳しい寒さにも耐えてきました。

現在でも屋外で飼っても安心な犬種です。

性格は主人に対して従順で忠実。

過去に猟犬として人と関わってきた血が残っているからでしょう。

飼い主以外には警戒心を持つこともありますので、小さい頃から他人やよその犬との触れ合いを沢山させてあげましょう。

持久力、瞬発力も抜群で散歩は欠かせません

運動量も多く、毎日の散歩は欠かせません。

散歩も大好きなので、できるだけ違うコースを散歩してあげましょう。

主人と共に行動することで満足してストレスを発散できます。

体はそこまで大きくなく小型犬から中型犬に属しますが、持久力が抜群なので沢山運動させてあげましょう。

近頃の柴犬ブームの裏では

世界的な人気を背景に日本でも再び人気になりつつある柴犬。

そんな人気のために乱繁殖されてしまって、精神的に忍耐力のない犬が増えてしまっています。

乱繁殖された犬は無駄吠えが多かったり、神経質だったり、攻撃的な性格だったりしてしまいます。

近親で交配された犬は先天的な疾患を持っている場合もありますので注意が必要です。

 

タグ :  

人気犬種図鑑   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る