無添加・国産の安心安全なドッグフードの選び方

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

ミニチュアピンシャーとドーベルマンの違い

読了までの目安時間:約 5分

ミニチュア・ピンシャー

■小型のドーベルマンのような犬種

原産はドーベルマンと同じドイツです


ドーベルマンに似ていることもあって、ドーベルマンを小型に改良した犬種と思われがちですが、実際はミニチュアピンシャーの方が歴史が古いのです。

    • 体高 25~30cm
    • 体重 4~6kg
    • 価格 15万~25万
    • 原産国 ドイツ

■性格 ■耐寒性・運動量 ■飼いやすさの目安 ■かかりやすい病気
  • 陽気
  • 活発
  • やや神経質
  • 耐寒性 普通
  • 運動量 20分×2
  • 状況判断力 4
  • 社会性・協調性 3
  • 健康管理のしやすさ 4
  • 初心者向き 3
  • 友好的 3
  • 訓練好き 4
  • 鼠径ヘルニア
  • 皮膚疾患

ドーベルマンよりも先輩犬種

見た目や毛の色がドーベルマンにそっくりなミニチュアピンシャー

見た目がそっくりなことからドーベルマンを小型化したのがミニチュアピンシャーだと思っている方も多いと思います。

しかし、歴史的にはミニチュアピンシャーの方が200年近くも古い犬種です。

ミニチュア・ピンシャーは1700年代。

ドーベルマンは1880年頃に誕生しました。

ドーベルマン

    • 体高 68~72cm
    • 体重 40~45kg
    • 価格 20万~30万
    • 原産国 ドイツ

ドイツでガードマンの仕事をしていたフリードリッヒ・ルイス・ドーベルマンが仕事に使うために交配した犬種です。

ドーベルマンは短毛の牧羊犬をベースに、ロットワイラーやジャーマン・ピンシャーなどを交配して作られました。

ドーベルマンと言う犬種名は交配したドーベルマン氏から名づけられました。

ドーベルマンとミニチュア・ピンシャーは同じピンシャーの血が入っているので姿が似ているのかもしれません。

ミニチュア・ピンシャーはドーベルマンの体重はの10分の1ですので、一般の方でも割と飼いやすい犬種です。
ペット可のマンションでも十分飼うことができますが、毎日の散歩は欠かさないようにしましょう。

運動神経抜群で運動も大好き

ミニチュア・ピンシャーは体重が4~6kgと軽いですが、体は引き締まっていて筋肉質です。

運動神経が大変優れていて活発に動きわり、スタミナもあります。

毎日の散歩は欠かせません。

瞬発性とジャンプ力もあってかなり高くジャンプする事もありますが、あまり高くジャンプしすぎると骨折や脱臼の危険がありますので注意しましょう。

歩き方もシャンとしていて非常に軽やかに見えます。

前足を高く上げて歩く歩き方は「ハックニー」と言います。

性格は陽気で遊び好きな反面、プライドも高い

性格は陽気で活発。

子供とも楽しく遊び、愛情の深い犬種です。

ミニピンと言う愛称で沢山の人から好かれています。

頭もよくトレーニングすると難しい芸もどんどん覚えます。

反面、プライドが高い面もあり、あまりかまってやれず一人の時間が多かったり、甘やかして育ててしまうと、無駄吠えが多くなったり攻撃的な面が出てきてしまったりします。

 

タグ :   

人気犬種図鑑   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る