無添加・国産の安心安全なドッグフードの選び方

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

フレンチブルドッグの性格は意外と物静か

読了までの目安時間:約 4分

フレンチブルドッグ

■ブルドッグと言うと「闘犬」のイメージがありますが

実際の性格は物静かで愛情にあふれています

数年前から雑誌にテレビにと引っ張りだこのフレンチ・ブルドッグ。

今では人気犬種の上位の常連になっています。

性格は見た目とは違って物静かで、あまり攻撃的になることはありません。

    • 体高 30cm
    • 体重 8~14kg
    • 価格 20万~50万
    • 原産国 フランス

■性格 ■耐寒性・運動量 ■飼いやすさの目安 ■かかりやすい病気
  • 好奇心旺盛
  • 遊び好きで甘えん坊
  • 耐寒性 普通
  • 運動量 10分×2
  • 状況判断力 3
  • 社会性・協調性 3
  • 健康管理のしやすさ 2
  • 初心者向き 2
  • 友好的 1
  • 訓練好き 3
  • 口蓋裂
  • 上部気道疾患
  • 血友病

ブルドッグと言うと闘犬のイメージがありますが

フレンチブルドッグは1860年ごろのフランスで誕生しました。

イングリッシュ・ブルドッグが基礎になり、パグやテリアと交配されて誕生しました。

ブルドッグと言えばブル(雄牛)と戦うための闘犬だったことは有名ですが、1835年に動物と戦わせることが禁止になっています。

その後、家庭犬として改良され今では非常に温厚で物静かな性格をしています。

フレンチ・ブルドッグも闘犬のころの荒々しさは全くなく、物静かで甘えん坊の性格をしています。

子犬のころはとても好奇心旺盛ですが、それでも暴走してしまうようなことはありません。

大変賢くもあり、家族の会話の大半を理解しています。

話しかけるとちゃんと理解しようと首をかしげながらしっかりと聞いてくれます。

訓練するときはきつく怒ってしまうのは良くありません。

しっかり諭すように話す方が効果的です。

体型はがっしりとした筋肉質。

とても健康的な犬種です。

鼻が短い犬種は熱交換が苦手

フレンチブルドッグやパグのような、鼻の短い犬種は短吻種(たんふんしゅ)と言って呼吸による熱交換が苦手です。

夏場の温度管理には十分な注意が必要です。

天気の良い日に車に置きっぱなしにしたり、夏場に締め切って家を出たりしてしまうと大変危険です。

熱中症で死亡してしまうこともありますので、気を付けましょう。

短吻種は皮膚病になりやすい

フレンチブルドッグやパグと言った短吻種は鼻が短いのとしわが多いのが特徴です。

特に顔のしわには汚れが溜まりやすく、放っておくと皮膚病の原因になります。

皮膚病と付き合っていく覚悟が必要です。

フレンチ・ブルドッグはよだれも多いので散歩後や食後は顔の周りをふいて、清潔に保ちましょう。

 

タグ :  

人気犬種図鑑   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る