無添加・国産の安心安全なドッグフードの選び方

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

シェットランド・シープドッグの性格に乱繁殖の影響は?

読了までの目安時間:約 5分

シェットランド・シープドッグ

■日本でのブームがさって本来のシェルティーが戻ってきました

かつてシェットランド・シープドッグは日本で一大ブームになりました。

本来の性格は温厚・陽気で健康的と素晴らしい犬種です。

  • 体高 33~40cm
  • 体重 6~7kg
  • 価格 10万~20万
  • 原産国 イギリス(シェットランド諸島)

■性格 ■耐寒性・運動量 ■飼いやすさの目安 ■かかりやすい病気
  • 優しい
  • 辛抱強い
  • 従順
  • 耐寒性 強い
  • 運動量 30分×2
  • 状況判断力 4
  • 社会性・協調性 4
  • 健康管理のしやすさ 4
  • 初心者向き 4
  • 友好的 4
  • 訓練好き 4
  • 関節疾患
  • 眼疾患
  • 皮膚疾患

一大ブームにより乱繁殖されてしまった

本来とっても優しくて従順、家族思いの素晴らしい犬種のシェットランド・シープドッグ。

日本でもシェルティーの愛称で親しまれてきました。

しかしシェットランド・シープドッグには少し暗い過去があります。

かつて日本でシェルティーの一大ブームが起きました。

そのために乱繁殖され神経質で無駄吠えが多く憶病な性格の子が沢山生まれてしまいました。

性格だけではなく関節形成不全といった遺伝的な疾患を持った子もいました。

そういった事件が沢山起こったためシェルティーブームが鎮静化していきました。

そんな暗い過去をもつシェルティーですがブームが去ったこともあり、現在では本来の素晴らしいシェルティーが戻ってきています。

近年はトイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンド、チワワの小型犬が上位を独占しています。

この3犬種だけで日本で飼われている犬の5割になるほどです。

過剰なブームは乱繁殖される危険性があります。

乱繁殖は近親で行われることが多く、結果として性格的にも身体的にも弱い子が生まれやすい傾向にあることを知っておきましょう。

シェルティーは25位くらいで、割合としては1%ほどです。

現在では安定した人気を維持しています。

本当のシェルティーは素晴らしい犬種

ブームによる乱繁殖のせいで、悪い印象になってしまったシェルティーですが本来はけなげに人間の生活を助けてくれていた犬種です。

もともとシェットランド・シープドッグはノルウェーとスコットランドの北にあるシェットランド諸島で牧羊犬として活躍していました。

シェットランド諸島は大変寒く、厳しい環境です。

シェットランド・シープドッグは小柄ですが、シェットランド諸島の馬、羊、牛も寒さのため小柄でしたのでシェルティーでも十分管理できました。

粗食にも耐え、人間に貢献してくれた犬です。

その後、コリー、スパニエル、パピヨン、ポメラニアンと交配され現在の美しい姿になりました。

シェットランド・シープドッグの性格は明るく、従順

シェルティーの性格は明るく優しくて温厚。

とっても知的で飼い主の言うこともしっかりと聞きます。

子供とも良く遊んでくれて辛抱強く見守ってくれ、安心して遊ばせることができます。

飼い主への忠誠心が強いことから、飼い主家族以外の人に対しやや警戒心をもって吠えてしまうこともあります。

ちょっとした物音でも警戒してくれますから番犬としては最高です。

たっぷりと運動させてあげましょう

もともと牧羊犬の血を受け継いでいるので毎日たくさんの運動が必要です。

ボーダーコリーと同様で運動不足がストレスになってしまいます。

ストレスが溜まってしまうと神経質になってしまうので注意しましょう。

散歩をすることでコミュニケーションも取れますので、毎日朝と夕方30分の散歩は欠かさないようにしましょう。

 

タグ :  

人気犬種図鑑   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る