ドッグフードに良く見るAAFCOとは?

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

ドッグフードに良く見るAAFCOとは?

読了までの目安時間:約 7分

最近よく見かけるAAFCOとはどんな団体なのでしょうか?

最近よく見かけるAAFCOと言う言葉。

必ず書いてある総合栄養食と言う言葉。

これらはどういう意味なのでしょうか?

本当に信用して大丈夫なのでしょうか?

AAFCOとは?

AAFCOとはアメリカ飼料検査官協会の事です。

犬や猫が一日に必要な栄養素を研究している団体です。

ドッグフードのパッケージに「AAFCOの基準をクリアしています」とありますが、この基準には果たして意味があるのかそもそも怪しいのです。

例えば、1日に必要なカルシウムは50gとなっていますが、これは煮干し1袋の半分に相当します。

極端な例ですが毎日煮干しを半袋食べる犬がいるのでしょうか?

AAFCOの栄養基準は正しいのか?

絶対的な信頼があるように感じられるAAFCOですが実際はただの私(わたくし)の団体です。

国に認められている訳でもないですし、ドッグフードの調査を行うわけでもありません。

沢山のブランドや銘柄がありますが世界の70~80%のシェアをアメリカのたった4社が独占していると言われています。

その市場規模は実に4兆円です。

ドッグフードは莫大なお金を生む産業なのです。

と言うことは、、、言わずもがなですよね。

総合栄養食とは?

日本の法律、ペットフード安全法では

総合栄養食

このフードと水だけで必要な栄養素がまかなえる主食タイプの製品

ペットフード公正取引協議会では

総合栄養食

犬や猫が必要とする栄養基準を満たした、「毎日の主要な食事」として与えるためのフードです。

新鮮な水と一緒に与えるだけで、それぞれの成長段階における 健康を維持することができるように、理想的な栄養素がバランスよく調製されています。

総合栄養食には、そのペットフードが適応する成長段階が必ず表記されています。

成長段階は、「幼犬・幼猫期/成長期またはグロース」「成犬期・成猫期/維 持期またはメンテナンス」「妊娠期・授乳期」にわかれています。

また、これらの3段階全てを満たすものとして、「全成長段階」又は「オールステージ用」が あります。

総合栄養食とは毎日それだけ食べていれば良い食品と言うことになります。

ドッグフードの主流のドライタイプは何度もミキサーにかけ、高温で熱処理し、圧力をかけて押し出します。

安価なドッグフードに使われている肉骨粉は、何もかも一緒に高温で処理し高圧で固形と水分を分離させます。

いくら数字の上で一定の基準をクリアしても、果たしてこのような食べ物に命を繋ぐための生命力は残っているものなのでしょうか?

犬に必要な栄養とは?

犬は人間と共生する以前は肉食として他の草食動物を捕獲し食べていました。

その時は内臓もすべて食べますから、草食動物が消化した栄養をそのまま取り込んでいました。

その後、人間と共生するようになって徐々に雑食化していったから植物性の食べ物の消化は苦手と言われていて、現在でも分かっていることはこの事だけです。

「穀物は良くない」と主張するドッグフードメーカーもありますが実際のところは良くわかっていません。

それ以前に一般に出回っている安価なドッグフードは粗悪な原料をから作られているので栄養価も少なく、消化にもかなりの負担をかけてしまいます。

総合栄養食は大丈夫なの?

アメリカの高校生が夏休みの宿題にAAFCOの基準をクリアしたドッグフードを作ったそうです。

いったいどんな原料を使ったかと言うと、履き古した革靴や廃油が使われていました。

しかし、それはAAFCOの基準をしっかりクリアしていました。

このことはどんな原料でも数値だけであればクリアできてしまうことを証明しています。

仮に私たち人間が一日に必要な栄養をクリアしているからと言って、毎日サプリメントだけで生きていけるでしょうか?

原料すら怪しいうえに添加物たっぷりのドッグフードを総合栄養食と言えるでしょうか?

そんなドッグフードだけを食べ続けて健康が維持できるかどうかは火を見るより明らかではないでしょうか?

最近ではドッグフードを利用している方が90%を超えていますが、ドッグフードに対する正しい知識を持っている飼い主さんは非常に少ないです。

手作りごはんをせずドッグフードを利用するのであれば、最低限正しい知識は身に付けましょう。

ドッグフードはあくまでも加工食品です。

ドッグフードに依存すると言うことは愛犬の命を加工業者に委ねていることと同義です。

本当に信頼できるドッグフードを購入するか、手作りごはんをするかどちらかにしたほうが良いと思います。

愛犬は自分で食べる物を選べません。

飼い主であるあなたがしっかりと正しい知識を身に付け、愛犬の命と健康を守っていきましょう。

 

タグ :

ドッグフードQ&A   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る