犬は肉食?雑食?どのドッグフードを選んだら良いの?

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

犬は肉食?雑食?どのドッグフードを選んだら良いの?

読了までの目安時間:約 5分

犬は肉食?雑食?

犬の祖先であるオオカミは肉食。

野生の犬もそもそも肉食でした。

「犬は肉食と言っても、うちの犬はごはん(米)を食べるよ」

とお思いの飼い主さんも多いかと思います。

現在ペットとして飼われている犬は自分で動物を捕まえて食べたりしませんから、肉食と言われてもピンとはこないと思います。

人間との長い共存生活の中で、実際に何でも食べる雑食化してきてもいます。

では犬の歯や消化器官から考えてみてはどうでしょうか?

犬の歯・あごは肉食に向いている

私たち人間は米や小麦などの穀物をすりつぶす臼歯を持っています。

平らで平べったい歯、いわゆる奥歯ですね。

この臼(うす)のような臼歯で穀物をすりつぶし消化しやすくすることができます。

一方、犬は臼歯はありますが尖っていて堅いものをかみ砕くことはできますが、咀しゃくすることはできません。

そして私たち人間のあごは上下だけでなく左右にも動きます。

馬や牛も草食動物なのであごが左右に動きますよね。

しかし犬があごを左右に動かしているのをみたことがあるでしょうか?

肉食動物のあごは肉をかみ切って飲み込むだけでよいので上下にしか動きません。

犬の消化器官は草食動物とは違う

syouka

犬が肉食動物であることは消化器官を見ても言えます。

犬の胃酸は骨も溶かしてしまうほど強く、腸の長さも草食動物と比べると短いです。

これにはちゃんと意味があって、腸内に入った肉は腐敗しやすく、腐敗した肉は有害物質を発生させます。

そのため強い胃酸で素早く消化して、短い腸で吸収し素早く体外に排泄する必要があるからです。

犬に穀物は与えてはいけないの?

犬の歯やあご、消化器官の事を考えると犬が肉食動物であることは良くわかりますね。

でもそれはあくまで野生での話。

現代社会で犬の餌に生きている動物を与えるのは不可能でしょう。

「では生肉を与えたら良いの?」

と言うのも違いと思います。

野生の肉食動物は自分で狩りをして肉を食べます。

その時は内臓まで食べますから消化しやすくなった植物も一緒に食べています。

内臓まですべて食べるのでいわゆるだけでは必要な栄養が摂取できないことになります。

しっかりと調理されていれば大丈夫なのでは?

犬は肉食

それは歯や消化器官を見れば分かります。

しかしペットとして飼われている犬は、煮たり焼いたりしてしっかりと調理された穀物や野菜や肉を食べますよね。

咀嚼(そしゃく)しなくても良いように細かくきざむこともできます。

調理することで生よりもずっと消化しやすくなっているはずです。

もちろん、手作りごはんの場合ですが。

ドッグフードも必ず粉砕、加熱されていますから穀物が入っていても消化されやすいはずです。

ただし手作りしたごはんに比べてしまうと、やはり加工食品ですから栄養の面で劣ると思います。

犬は肉食だからと言って、穀物不使用で作られたドッグフードとごはんと野菜とお肉で手作りしたご飯とどっちが体に良いの?と言われれば答えは難しい所だと思います。

ただしドッグフードを選ぶ時に2つだけ明らかなことがあります。

一つはドッグフードに使われる原料が肉であれ穀物であれ良質なものであった方が良い事。

もう一つは保存料や着色料が犬の体にとって良くないこと。

この2つは間違いありません。

 

ドッグフードの選び方   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る