危険・安全ドッグフードの原材料を比較しました

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

危険・安全ドッグフードの原材料を比較しました

読了までの目安時間:約 5分

前回までの記事で危険なドッグフードの原材料の見方、危険なドッグフードの簡単な見分け方をご紹介しました。

原材料で特に注意しなくてはいけないのは、

  • 着色料、保存料、酸化防止剤などの化学添加物
  • 肉副産物、肉粉などのレンダリングされた肉骨粉の使用
  • ビートパルプ、脱脂大豆などの増量剤の使用

です。

危険なドッグフードの簡単な見分け方では

  • 紙袋に入ったドッグフードはNG
  • 紙袋に入っているのに賞味期限が長いのはNG
  • 半生タイプはNG

とご紹介しました。

これだけでもかなりの数の危険なドッグフードを見分けることができます。

「ほとんどのドッグフードがそうなのでは?」

「そんなことを言ったら与えるドッグフードがなくなる」

と思いかもしれませんが、実際はそうなんです。

巷にあふれているドッグフードはほとんど危険と言っても良いくらいです。

では、安全なドッグフードの原材料はいったいどんなものなのでしょうか?

危険なドッグフードと安全なドッグフードの原材料を比較してみましょう。

危険と安全 ドッグフード原材料の比較

危険か安全かを見分けるには原材料の表記を見ればおおよその判断はつきます。

危険なドッグフードと安全なドッグフードの原材料を比較してみましょう。

まずは危険なドッグフードの原材料を見てみましょう。

これは実在しないドッグフードのサンプルです。

原材料 : チキン(鶏副産物)、家禽(副産物)、肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダー)、 ト ウモロコシ粉、粗びきコムギ、動物性脂肪、粗びきオオムギ、乾燥ビートパルプ(糖質除去)、 粗びきグレインソルガム、天然鶏エキス、乾燥卵、発酵用乾燥酵母、フィッシュオイル、亜麻仁、乾燥りんご(果汁除去)、乾燥にんじん、乾燥グリーンピー ス、乾燥ほうれん草、乾燥トマト、食塩、フラクトオリゴ糖、DL-メチオニン、L-リジ ン、L-チロシン、ポリリン酸ナ トリウム、全卵粉、タウリン、L- カルニチン、ミネラル類(Cl、Na、 K、Ca、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(E、コリン、C、パントテン酸カルシウム、B6、ナイアシン、葉酸、B1、A、B2、 ビオチン、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)着色料(赤102、青2、黄4、黄5、二酸化チタン)酸化防止剤(BHA)

では、次は安全なドッグフードの原材料です。

こちらは実在するドッグフードで、アニマル・ワンのグリーンプラスです。

鶏肉・小麦粉・雑穀(大麦・玄米・はと麦・もちあわ・もちきび・玄ソバ・とうもろこし・大豆)・米ぬか・あご・かつお・野菜(大根葉・にんじん・ごぼう・キャベツ・白菜・高菜・パセリ・青じそ)・菜種油・発酵調味液・卵殻カルシウム

比較してみていかがでしょうか?

2つを比較してどんな印象を受けましたか?

危険なドッグフードには見たことのない化学物質が沢山入っています。

何かごちゃごちゃした印象を受けます。

これはカスばかりの原材料では栄養からが足りないからビタミンミネラルを沢山添加したり、長期保存できるように沢山防腐剤を添加したりと、すべてお金のためにごまかしてきた結果です。

ところが、安全なドッグフードの原材料と比較してみてどうでしょうか?

非常にシンプルではないですか?

当たり前の原材料を使えば栄養素もしっかり入っているので余計な添加物は必要ありません。

保存するにもこのドッグフードの袋はビニール製で密封されているので長期保存できます。

開封後は1か月以内の使用が勧められています。

どちらが安全なドッグフードかは比較すれば一目瞭然ではないでしょうか?

危険なドッグフードを選ぶか安全なドッグフードを選ぶか

安全なドッグフードとして紹介した「グリーンプラス」は1kg1500円程の価格です。

一般的なプレミアムドッグフードよりも高い価格ですよね。

ですが普通の原材料で普通に作れば当然の価格です。

安いドッグフードには安いだけのしっかりとした理由があります。

危険なドッグフードで安さを取るか

安全なドッグフードにするか

後は飼い主さんの判断にお任せします。

 

ドッグフードの選び方   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る