人と犬は共存してきた歴史があります

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

人と犬には共存してきた歴史があります

読了までの目安時間:約 4分

人の生活にとっても身近な犬の存在。

この関係はいったいいつから始まったのでしょうか?

調べてみると、私たち人間の生存と発展に大きく貢献し、共存してきたことが分かります。

人と犬の出会い

人と犬の絆はとても深く、人類がここまで発展してきたのも犬との共存があってこそとも言えます。

その歴史は古く、4万年前からとも1万年前とも言われています。

人類は当時、洞窟などで暮らしていました。

大きな集落を持たず、小さな家族単位でした。

農耕はまだ始まっておらず、狩りや木の実などを採取して食料を得ていました。

犬の原種はオオカミと言われていて、はじめの内は人間が捨てた残飯を狙って食べていたようです。

最初の内はお互い警戒していたでしょうが、徐々に距離が縮まり生活圏が近くなっていきました。

徐々にと言っても何百年、何千年とかけてでしょうが。

聴覚と嗅覚にすぐれた犬たちは外敵の接近を人間に知らせるようになります。

犬は人間の食べ残しを得られる。

人は外敵の接近を知ることができる。

この様にして人類と犬との共存関係が始まりました。

狩りにも参加するようになった犬

次第に人間と犬との距離も縮まり、犬は人間の行っていた狩りにも参加するようになります。

耳も鼻も人間の何倍も利き、走るスピードも速い犬はいち早く獲物を発見し、人に知らせます。

そして、人類は狩猟の道具である弓や槍を使って獲物をしとめます。

人は狩りが容易になり、犬はおこぼれにありつけます。

こうして人と犬は生きていく上でよりかけがえのない存在になって行きました。

牧畜の手伝いもするようになった犬

犬との共存もあって徐々に発展した人間は食料としての牧畜を始めます。

ここでも犬は大活躍で牧畜(羊など)が逃げ出したり、外敵に襲われたりしないよう牧羊犬としての役割を担うようになります。

この様に人と犬との関係は生きていく上で必須な関係だったのですね。

番犬として活躍するようになる

時代は進み近代で犬は番犬としての役割を担うようになります。

もともと忠誠心の強い犬たちは見知らぬ人が近付くと非常に警戒します。

外敵と言っても主に泥棒などの侵入者です。

現代の犬が我々に与えてくれるもの

人類と犬との歴史を振り返ってみると、お互いがいかに支えあってきたかが分かります。

現代の私たちの生活では、食べる物の心配や外敵の侵入も無くなってきました。

「番犬として犬を飼う」と言う方も少ないのではないでしょうか?

では、どうして犬を飼うのでしょう?

それはかわいがる存在として飼っていらっしゃる方が多いのではないかと思います。

数万年かけてともに歩んできた人と犬との関係ですので、今後も上手く続けていきたいですね。

 

ドッグフードの基礎用語   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る