ドッグフードのメラミン混入事件はなぜ起こったのか?

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

ドッグフードのメラミン混入事件はなぜ起こったのか?

読了までの目安時間:約 5分

2007年3月、ペットフードの流れを変える大きな、そして悲惨な事件が起きてしまいました。

それが

メラミン混入事件です。

この事件を機に、ペットフードの抱える問題がいかに根深いものが分かってくるようになりました。

どうやら有害な毒物は誤って混入したわけではなく、お金を儲けるために当たり前のこととして使用されていたようです。

アメリカで発覚しました

2007年3月、犬と猫がペットフードを食べて、2日以内に次々に死んでしまうという事件が起きました。

あまりに多く寄せられる情報に、米国食品医薬品局(FDA)、米国農務省(USDA)などが調査を始めます。

大手製造会社が99銘柄、6000万個を自主回収を始めます。

被害総数

FDAの調べではアメリカ国内だけで、犬約2000匹、猫約2000匹が死亡たと発表しているが実際はもっと多いのではないか?と言われています。

しかしこれはアメリカ国内だけの数字

世界に流通しているペットフードの70~80%が大手製造会社4社が独占しているので、世界中で数万匹が死亡したとも言われている。

メラミンとは?

メラミンだけの混入がこの事件を引き起こしたように思ってしまいますが、実際はもっと根深い問題を抱えているようです。

この問題を機に多くの専門機関が原因の追究を始めます。

その中で沢山の有害物質が発見されます。

そして、この事件の原因はメラミンだけによるものでは無く、メラミンとシアヌル酸が化学反応を起こし、その際にできた結晶が腎不全を起こしたことが原因とされています。

検出された物質

この事件をきっかけに見つかった有毒な物質はメラミンだけではありませんでした。

アミノプテリン

アミノプテリンは殺鼠剤に使用されています。

メラミン

接着剤、食器製造に使用する合成樹脂の原料。

シアヌル酸

プールの殺菌剤として使われる。

アセトアミノフェン

解熱鎮痛薬。猫にとっては非常に危険で微量でも死亡する。

この事件ではメラミンが問題視されているがアセトアミノフェンによる猫の被害が大きかったと言われている。

メラミンは混入したわけではない?

「混入」と言うと、「意図せずに誤って入ってしまった」という印象を受けますが、メラミンは混入したわけではありません。

ドッグフードを作るには「小麦グルテン」を使用します。

この際に、たんぱく質含有量を上げるために添加しているのがメラミンです。

ドッグフードは総合栄養食としてAAFCOの基準をクリアすることを目的として作られているようです。

ドッグフードはコストを下げるため、と言うよりも廃棄物をいかにお金に変えるか?を目的に製造されているかと言わざるを得ません。

ドッグフードは安全になったのか?

この事件を機に、日本では2009年6月にペットフード安全法が施行されました。

今までペットフードに関する法律はなかったので、状況は前進したのかと思います。(沢山の犠牲が出たことによって)

ただ、どうでしょうか?

メラミンは数字をクリアするだけのために使われていました。

今までのペットフード業界は

お金にさえなれば良い、所詮家畜の餌なのだから、ペットが病気になろうが死亡しようが知ったこっちゃない。

と言う前提のもとで作られている気がしてなりません。

家畜の飼料としてスタートしたペットフード産業がいくらこのような大事件が起きたからと言って、

大手の製造会社がいともたやすく方向転換および体質改善できるものでしょうか?

このまま今までのドッグフードを利用するかは飼い主さんの判断に委ねられることになります。

 

タグ :

ドッグフードの危険性   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る