ドッグフードの危険な添加物とは?

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

ドッグフードの危険な添加物とは?

読了までの目安時間:約 5分

ドッグフードには沢山の添加物が使われています。

多く使われるのが、

  • 長期保存するための保存料
  • 栄養を調整するためのミネラル類
  • 色を良く見せるための着色料

などです。

添加物の怖さは一つの添加物による毒性の怖さだけでなく、複数の添加物が化学反応を起こし強い毒性を持ってしまう危険もあります。

ドッグフードを購入する際は原材料の表記をチェックして確認するようにしましょう。

酸化防止剤・湿潤剤・防腐剤

ドッグフードの添加物の中で最も注意して頂きたい化学物質です。

ドッグフードは海外から船で運ばれてくるものが多く、その後日本国内でも長い距離を輸送されます。

そのため長期の保存は必須となってしまいます。

腐ったり、カビが生えたりしないように沢山の保存料を使います。

良く使われる保存料を挙げてみます。

BHA

ブチルヒドロキシアニソール

酸化防止剤

発がん性の危険が指摘されています。

BHT

ジブチルヒドロキシトルエン

酸化防止剤

発がん性、変異原性、催奇形成の危険がある。

エトキシキン

酸化防止剤

発がん性の危険がしてきされています。

プロピレングリコール

湿潤剤

硬い便が出る、腸の障害が起きやすくなる。

半生タイプの水分量が多いドッグフードに使われます。

ソルビン酸

防腐剤

発がん性、成長を抑制する危険がある。

BHA、BHT、エトキシキンはペットフード安全法で使用が認められていますし、使用できる上限も決まっています。

この数値は「この量なら食べても平気」と言う観点から設定されたと言うよりも、「この量は使わなければ長期保存できない、長期保存ができなければ安く流通させることが出来ない」と言う観点で設定されている気がします。

ビタミン・ミネラル

原材料の表記をみると、実に沢山のビタミンやミネラルが使用されています。

ドッグフードに使用されているミネラル剤は吸収率が悪いものが多く、ほとんど吸収されずに便や尿として排泄されてしまいます。

良質な原材料を使用している場合、その食べ物に力がありますから、ビタミンやミネラルを添加する必要はありません。

AAFCOの栄養基準を満たすためのただの数合わせにすぎません。

ビタミンCやEは酸化防止剤としても使われています。

添加物による化学変化が危険

メラミン混入事件はメラミンだけが原因となって起きたわけではありません。

メラミンとシアヌル酸が化学反応を起こしその結晶が腎不全の原因となってしまいました。

ドッグフフードに使われている添加物はそれ単体でも危険です。

その上に恐ろしいのは、このメラミン混入事件のように化学反応を起こす可能性がある事です。

最終的にドッグフードを加工する際だけでなく、原料となる食品を加工する際にも化学薬品が使われます。

例えば、ビートパルプの場合、糖分を効率よく生産するために、圧力をかけて絞るのではなく、酸性の薬剤で溶かします。

そのとき溶けなかった筋、繊維をドッグフードの原料になります。

それをただ集めただけでは加工できませんから、下請け業者がドッグフード用に二次加工します。

その際も保存料を添加します。

そして原料を混ぜ合わせる最終加工でも化学物質が添加されます。

この様な複雑な加工を経て、ドッグフードを作りますので、どんな化学変化が起きるか全く予想がつかないのです。

 

タグ : 

ドッグフードの危険性   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る