無添加・国産の安心安全なドッグフードの選び方

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

ドッグフードとアレルギーの関連とは?

読了までの目安時間:約 4分

近年、犬のアレルギーが急増しています。

獣医さんの意見や沢山の書籍でドッグフードの普及と犬のアレルギーの増加が関連しているとも言われています。

食べ物の場合、食べてすぐに症状がでるわけではないですから、原因の特定が難しいです。

ドッグフードの何がアレルギーの原因となるのでしょうか?

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質

犬の栄養に取ってとても大切な栄養素たんぱく質

ドッグフードのパッケージの保証成分値にもしっかりと記載されています。

犬は元々肉食で動物性たんぱく質の消化は得意ですが、植物性たんぱく質の消化は苦手です

通常のドッグフードはコストを抑えるため、動物性たんぱく質よりもトウモロコシなどの穀類の植物性たんぱく質を多く使用します。

ただし穀類と言っても、まともな部分は使われずクズやカスが使われています。

トウモロコシにいたっては、芯や皮も使われます。

ただでさえ、植物性のたんぱく質を分解することが苦手なことに加え、皮などのカスが多く使用されていますから、ほとんど消化も吸収もされず、ただただ胃に負担をかけて排泄されます

原材料の残留農薬もアレルギーの原因と考えられています。

アレルギーが増えたのもドッグフードのせい?

 「牛肉を使ったドッグフードを与えていたら皮膚病になってしまった。うちの子は牛肉アレルギーなのでしょうか?」

と獣医師を訪れる方が増えているそうです。

この様な場合、ほとんどがドッグフードアレルギーなのだそうです。

試しに本物の牛肉を買ってきて与えてみると、美味しく食べて、アレルギーも出ないのだそうです。

皮膚病などのアレルギーの原因はペットフードに多く使われている、植物性たんぱく質を上手く分解できないことが原因で起きています。

ただ手作りしたごはんにごはん(白米)や野菜などを与えても、アレルギーになりにくいことから、ドッグフードに使われている原料に問題があるのではないでしょうか?

残存化学物質に加え、酸化防止剤の添加

家畜を育てるには大量の抗生物質や成長促進剤などの化学物質を使います。

いくら加熱処理をしたとしても分解されない化学物質もあります。

残存した化学物質が含まれたドッグフードを食べることによって、徐々に体に蓄積されアレルギーのもとになってしまいます。

原料に含まれる化学物質だけでなく、ドッグフードには酸化防止剤などの保存料や栄養素を整えるためのビタミン剤が使われます

自然界にもともと存在しないですし、人間は毎日加工食品を取り続けることはないと思います。

犬は小さな体の上、自分で食べる物を選べません。

さらにドッグフードは人間の食べ物よりも規制が緩く、いくらでも抜け道があるような状態です。

毎日、化学物質が大量に入ったドッグフードを食べ続けたらどうなるでしょうか?

もし愛犬がアレルギーになったらドッグフードが原因の可能性があります。

ドッグフードの普及に比例して、犬の病気(皮膚病、アレルギー、心疾患、泌尿器疾患)が増えています。

近頃は症状別のドッグフードも出ていますが、そんな時はやっぱり手作りしたご飯をあげてください。

そういった病気はドッグフードに依存した結果、アレルギー招いてしまった可能性が高いからです。

 

タグ : 

ドッグフードの危険性   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る