ドッグフードの原材料に使われるビートパルプとは?

安心なドッグフードの選び方

安全・危険、ドッグフードについて様々な角度から検証しています。

ドッグフードの原材料に使われるビートパルプとは?

読了までの目安時間:約 4分

原材料を見てみるとたまに見かける

ビートパルプ

ビートパルプはいったいなんでしょうか?

Beet Pulp

  • ビートは大根
  • パルプは繊維

ビートパルプとは甜菜(てんさい)砂糖大根から糖分を絞りだした後に残る繊維質の事です。

またも絞りカス、、、、。

ビートパルプをドッグフードに使う理由

原材料の表記は上から順に使用している量が多いものから記載されていると言われていますが、これはあくまで業界内のルール。

実際はどうかはわかりませんが、一般的には使っている量が多い順に記載されています。

上位にビートパルプと書いてある場合は沢山使われていることになります。

では、なぜビートパルプを使うのか?

それはもちろんドッグフードのかさを増やすため、増量材として使われます。

ビートパルプは食べて大丈夫なのか?

全く良いことはありません。

むしろ、慢性的な便秘の原因になってしまいます。

売りにしている場合もある

犬にとって有害であるにもかかわらず、逆に逆手にとって売りにしている場合もありますので注意してください。

ダイエット用ドッグフードに「植物繊維配合」などと書かれている場合はビートパルプなどの繊維をより沢山使っている可能性があります。

シニア向けのドッグフードにも「植物繊維が良い」と書かれたものもありますが、消化能力の衰えた老犬にさらに消化の悪いドッグフードを与えてしまうことになりかねません。

「植物繊維は腸の環境を整えるので、愛犬にも良さそう」と考えてしまいますが、犬は食物繊維の消化がとても苦手。

便も一見多いほうが良さそうですが、実際は良質なドッグフードほど少ない量で沢山の栄養を吸収できますから、便の量も少なくて済みます。

ドッグフードは

1kg当たりいくら?

と比較することが多いですが、ただ重ければ良いと言うわけではありません。

ちょっと怖い植物繊維

原料表記に「植物繊維」とアバウトな表記が書いてあった場合は注意してください。

ちょっと信じられない話ですが、

  • 古新聞
  • ボール紙
  • おがくず
  • ピーナッツの殻

が使われていると言う話もあります。

ビートパルプはどうやってできているのか?

ビートパルプは砂糖大根から糖分を取り出し、砂糖を精製する際にでた絞りカスです。

ドッグフードに良く使用されていますが、もっと怖い話があります。

最近ではより効率よく糖分を抽出するために、硫酸系の薬剤を使って溶かしてしまうんです。

こうすることによって圧力をかけて絞り出すよりも何倍も沢山糖分を取り出すことができます。

この手法で作られたビートパルプを使ったドッグフードを食べていると、便秘になりやすいのです。

なぜなら溶かす際に使われた薬剤が便意を抑えてしまうのです。

 

タグ : 

ドッグフードの危険な原材料   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る